1. フィットちゃん
  2. ランドセル手入れ
  3. ≫ランドセルの手入れは最低限これだけはしましょう

ランドセルの手入れは最低限これだけはしましょう

ランドセルの手入れ

人工皮革のランドセルにはどんな手入れが必要でしょうか。クラリーノは水を通さないから濡れたままでも良いと思っていたら、カビが生えてしまったり、素材が劣化してしまいます。
 
確かに天然皮革の牛革などと比べれば、劣化がわかりにくいんですが、劣化しないという事ではありません。水に濡れたまま、ホコリがついたままで放置しておくと、色落ち、劣化を勧めてしまいます。
 

人工皮革(クラリーノ)ランドセルの手入れ

 
確かにクラリーノの手入れは簡単です。天然皮革用のオイルやクリームを使ってしまうと、却って表面が剥げたりヒビが入ったりするのでそういったケアは必要ないです。
 
折角気に入ったランドセルを高額で購入したのですから、6年間は綺麗に使いたいですよね。まず正しい手入れの仕方を知ってください。
 

濡れたとき

 
ランドセルの手入れ濡れたら乾いた布で水分をしっかりと拭き取ります。それから必ず風通しの良いところで陰干しをします。ランドセルは200ぐらいのパーツからできているので、つなぎ目の間の水分がまだ残っているからそれを乾かすためです。放っておくと見えないところが傷んだりカビが生えて来ます。
 
また刺繍のあるランドセルは特に針孔に水分が侵入するので、乾燥は必要です。

ランドセルカバーでランドセルが蒸れる特に小学校1年生の時に交通安全のカバーで覆ったり、雨避けカバーをつけている時には、時々は外して乾燥させて中にこもった水分を取り除きましょう。
 
やっていけない事として、温風ヒーターや電気ストーブなどの高温で乾かすと、溶けたり変形する事もあるので注意してください。ドライヤーも使ってはいけません。
 

 
あと春から秋にかけて、特に夏には大量の汗をかきますよね。この汗で背当てや肩ベルトの内側濡れてしまいます。夏は背当てに背中用の汗取りパッとを使うのも効果があります。
 ランドセルカバー

ランドセルが汚れたとき

 
汚れたランドセルはまず乾いたタオルで汚れをぬぐいます。軽い汚れの場合には、この程度でキレイになることが多いです。
 
乾いたタオルで落ちない汚れなら、中性洗剤を含ませた布を固く絞ります。絞ったタオルで水拭きします。あまり擦らないようにしましょう。その後は乾いた柔らかな布でカラぶきします。その後は雨に濡れた時と同じように、風通しの良い場所で陰干しします。
 
染料が入っていない皮革用のクリーナーがあれば使えます。ただランドセルは染料で染められているため、クリーナーの量が多すぎたり強くこすりすぎると色落ちしてしまう危険性があります。
 
特にピンク系の色は色落ちが目立つので注意してください。基本は水だけを使うようにすることをおすすめします。